Rolex Newsroom

ROLEX WORLD SERVICE

ロレックス ウォッチは長くお使いいただけるようにデザインされ、作られています。創立者のハンス・ウイルスドルフは、ロレックスの名声の基盤となった「卓越性の永続」という哲学を浸透させました。ウイルスドルフは当初から、世界中にサービスセンターのネットワークを構築して、ロレックスのすべての時計が最高のサービスを受けられるようにし、卓越した技術性能と美しい外観を維持できるようにしました。

新しいサブマリーナー

新しいサブマリーナー

#ウォッチ

卓越したプロフェッショナル ダイバーズウォッチのオイスター パーペチュアル サブマリーナーとオイスターパーペチュアル サブマリーナー デイトは、デザインが新しくなり、少し大きくなった41 mmケースで登場します。サブマリーナーには今年発表されたキャリバー 3230、サブマリーナー デイトにはキャリバー 3235が搭載されています。

新しいデイトジャスト

新しいデイトジャスト

#ウォッチ

オイスター パーペチュアル デイトジャスト 31ではホワイトロレゾールモデル(オイスタースチールと18 ct ホワイトゴールドのコンビネーション)が登場し18 ct ホワイトゴールド製のアワーマーカーまたはローマ数字が配された豊富なカラーバリエーションのダイアルが特徴です。

新しいオイスター パーペチュアル

新しいオイスター パーペチュアル

#ウォッチ

抜本的に見直されたオイスター パーペチュアルコレクションには、41 mm の新モデル、オイスターパーペチュアル 41が加わります。オイスター パーペチュアル 36は鮮やかなダイアルを備えています。いずれの時計にもキャリバー 3230 が搭載されています。

新しいスカイドゥエラー

新しいスカイドゥエラー

#ウォッチ

オイスター パーペチュアル スカイドゥエラーには初めて、オイスターフレックス ブレスレットが備わりました。この18 ct イエローゴールドモデルに装備された革新的な高性能エラストマーブレスレットは、オイスタークラスプとロレックス グライドロック エクステンションシステムを搭載し、より快適に手首に着用できます。

MASTERING WATERPROOFNESS

MASTERING WATERPROOFNESS

#ウォッチ

ハンス・ウイルスドルフが直面した大きな課題 の一つは、時計を埃や湿気からどうやって守るかということでした。埃や湿気がケース内部に入ると、詰まったり酸化したりする恐れがあったからです。後にマニュファクチュール・デ・モントル ロレックスS.A.となる、ビエンヌのエグラー社に宛てた1914年の手紙で、彼は自分の目的について述べています。「防水腕時計を作る方法 を何としてでも見つけなければならない」

ロレックス ウォッチ

高精度を誇る、最高級タイムピースを取り揃えたロレックスのコレクション。クラシックモデルからプロフェッショナルモデルまで、ロレックスはどんなシーンにも合う充実したウォッチを提案しています。スタイルと機能性の完璧な融合であるロレックスの幅広いウォッチコレクションをご覧ください。

特徴

ロレックスについて