オイスター パーペチュアル ロレックス ディープシーは水深3,900 m(12,800フィート)までの防水性能が保証されており防水性能におけるロレックスの専門技術を示しています。

2008年に発表されたロレックス ディープシーは、プロダイバーの厳しい要望に応えるべく、水圧への耐性、精度と信頼性を備えると共にオイスター パーペチュアル コレクションの時計における美的DNAと基本的な特徴を備えています。

OYSTER CASE AND RINGLOCK SYSTEM


新世代ダイバーズウォッチのロレックス ディープシーは、ロレックスが開発し、特許を取得したリングロックシステムというケース構造により、水深3,900m地点においてクリスタルにかかる約3トンに相当する巨大な水圧にも耐えることができます。


リングロックシステムは、以下の3つの要素で構成されています。

•厚さ5.5 mmのわずかにドーム型のサファイアクリスタル
•水圧に耐えるため、クリスタルと裏蓋の間のミドルケースに内蔵された窒素合金スチール製高性能耐圧リング
•オイスタースチール製のねじ込み式リングによって高性能リングにしっかりと固定された、チタン合金の裏蓋



これらの3つの部品が、耐蝕性に優れる合金オイスタースチールの塊から作られたミドルケースに搭載されています。さらに、一体型のリューズガードで保護されたトリプロックリューズを ケースにしっかりとねじ込むことで、防水システムを完全なものとしています。


さらに、ロレックス ディープシーの44 mmのオイスターケースには、ロレックスが1967年に特許を取得したヘリウム排出バルブが搭載されています。このセーフティバルブによって、時計の防水性能を損なうことなく、ダイバーが高圧室で行う減圧段階において時計のケース内部で高まる過度な圧力を逃すことができます。




STRINGENT WATERPROOFNESS TESTS


深海潜水には、絶対的な信頼性と安全性が不可欠です。すべてのロレックス ディープシーはダイバーズウォッチに必要不可欠な防水検査を受けています。ロレックスは検査を行うため水中工学と高圧技術で世界的に有名なフランス企業であるCOMEX (Compagnie Maritime d’Expertises)と、特別な高圧検査タンクを共同開発しました。水深3,900mプラス25%の安全域を保証するために、ロレックス ディープシーはひとつひとつが検査にかけられます。

BEZEL WITH CERACHROM INSERT


ロレックス ディープシーの逆回転防止ベゼルには、60分目盛り入りのブラックセラミック製モノブロックセラクロムインサートが搭載され、ダイバーは潜水時間を計測することができます。ロレックスが特許を取得したこのインサートは、極めて硬質で耐傷性に優れ、色も紫外線の影響 を受けにくいセラミックで作られています。さらに、ハイテクセラミックはその化学組成により不活性で、腐食することがありません。数字と目盛りはセラミックに凹型に型取りされ、PVD(物理蒸着)の工程により、プラチナでコーティングされます。グローブを着けている時でさえも操作しやすくするため、ベゼルの縁には刻みが入れられています。



LEGIBLE AND FUNCTIONAL


このプロフェッショナルダイバーズウォッチにおいて、視認性は特に重視されています。クロマライトのアワーマーカーと針には、従来の発光素材と比べて2倍長く、青い光を放つ長時間継続のルミネッセンス素材を充填またはコーティングされています。ベゼルの三角形のゼロマーカーにもルミネッセンス素材のカプセルが埋め込まれているため、暗闇でもはっきりと見ることができます。



THE ROLEX DEEPSEA, SUPERLATIVE CHRONOMETER CERTIFIED


すべてのロレックス ウォッチと同様に、ロレックス ディープシーは2015年にロレックスが再定義したSuperlative Chronometer(高精度クロノメーター)です。この独自の称号は、ロレックス独自の基準に基づいて自社内で行われる一連の検査を通過したことを証明しています。手首着用時に精度、パワーリザーブ、防水性能と自動巻において最高の性能を発揮することを保証するために、認定検査はムーブメントをケーシングした後、つまり完全に組立てられた時計に行われます。グリーンのタグがついているロレックス ウォッチはすべて高精度クロノメーターで、5年間の国際保証が適用されます。



スイス公認クロノメーター検査協会(COSC)によるクロノメーター認定を受けたすべてのムーブメントは、公式認定以上に厳格に設定されたロレックス高精度クロノメーターの基準を確実に満たすためケーシング後に再度、ロレックスによる検査にかけられます。ロレックス高精度クロノメーターは平均日差が-2~+2秒以内に調整されています。ロレックスが完全に組立てられた時計に対して許容する偏差率は、ムーブメントのみを対象とした公式認定であるスイス公認クロノメーター検査協会(COSC)の許容偏差率よりも厳しい基準になっています。



この高精度クロノメーター認定検査は、ロレックスが特別に開発した最先端の設備を駆使して、時計が実際に着用されている状況をシミュレーションし、着用者の日常生活での動作をより忠実に再現する独自の方法で、ケーシング後に実施されます。この完全に自動化された一連の検査では、すべてのロレックス ウォッチの防水性能、自動巻、そしてパワーリザーブも検査します。時計の信頼性、堅牢性、耐磁性と耐衝撃性を確実にするために、一連の検査は設計、製造の段階における認定検査に加えて体系的に行われます。



PERPETUAL CALIBRE 3235


ロレックス ディープシーには、ロレックスが完全自社開発・製造した機械式自動巻ムーブメント、キャリバー 3235が搭載されています。テクノロジーを結集したこのムーブメント、は数件の特許を申請し、精度、パワーリザーブ、耐衝撃性と耐磁性、利便性と信頼性において際立った性能を発揮します。



キャリバー 3235の振動子には、ゴールドのマイクロステラ・ナットで高精度に調整可能な可変慣性をもつ大きなテンワが備わり、耐衝撃性を高めるために、高さ調節可能なトラバーシングブリッジによって、しっかりと固定されています。また、振動子にはロレックスがデザインし、特許を取得した高性能パラフレックス ショック・アブソーバも搭載されています。



キャリバー 3235は、ロレックスが常磁性合金から製造した、最適化されたブルー パラク ロム・ヘアスプリングを備えています。パラクロム・ヘアスプリングは磁場の影響を受けにくく、気温の変化にさらされても非常に高い安定性を保ち、従来のヘアスプリングの10倍もの耐衝撃性を実現しました。また、ロレックス オーバーコイルが備えられ、あらゆる向きにおいて等時性を保ちます。



このキャリバーにはロレックスが特許を取得したニッケル・リン合金製のクロナジー エスケープメントが採用されており、高いエネルギー効率と信頼性を実現し、磁場の影響も受けにくくなっています。



キャリバー 3235は、パーペチュアルローターが搭載された自動巻機構を備え、手首の動きを捉えてゼンマイが継続して巻き上げられる仕組みになっています。香箱の構造とエスケープメントの効率を向上させたことにより、このムーブメントのパワーリザーブは約70時間まで延長されました。


ロレックス ディープシーのムーブメントはロレックスのウォッチメーカー以外の目に触れることはありませんが、ブランドの妥協を許さない品質基準に従い、その外観までもが美しく仕上げられています。


BRACELET AND CLASP: SECURITY, COMFORT AND ERGONOMICS


ロレックス ディープシーは3列リンクのオイスターブレスレットを備えています。誤って開く ことを防止するセーフティキャッチ付オイスターロッククラスプを採用したこのブレスレットはロレックスが開発し、特許を取得したロレックス グライドロック微調整システムを備えてい ます。クラスプカバーの下にある独創的なメカニズムで、工具を使わずにブレスレットの長さを調整できます。オイスターブレスレットに搭載されたロレックス グライドロックは約2 mm単位で約20 mmまで容易に調節できます。これにより、3 mmまでの厚さのダイビングスーツの上からでも時計を装着することができます。


ロレックスディープシーのオイスターブレスレットにはさらに、折り畳み式のフリップロックエクステンションリンクが備わり、工具を使わずにブレスレットの長さを約26 mm延長することができます。この2つのエクステンションシステムを併用すると、7 mmまでの厚さのダイビングスーツの上からでも時計を着用することができます。

また、コンシールドアタッチメントシステムにより、ブレスレットとケースの接続部は一体感のある外観になっています。

FROM THE ROLEX DEEPSEA TO THE ROLEX DEEPSEA CHALLENGE


2012年、オイスター パーペチュアル ロレックス ディープシーの革新的ケース構造とリングロックシステムから着想を得て、12,000 m(39,370フィート)までの防水性能を保証する試作ダイバーズウォッチ、オイスター パーペチュアル ロレックス ディープシー チャレンジが設計されました。ロレックスが完全自社開発・製造したこのモデルは、ロレックスが海洋最深部での巨大な水圧にも耐えられるようデザイン・製造されました。


2012年3月26日、ロレックス ディープシー チャレンジは潜水艇の操縦アームに取り付けられて、映画監督 で探検家のジェームズ・キャメロンによるマリアナ海溝最深部であるチャレンジャー海淵10,908 m(35,787フィート)への単独潜水に同行しました。歴史的偉業の後、ジェームズ・キャメロンは、「ロレックス ディープシー チャレンジは潜水中、常に信頼できるパートナーでした」と話しました。


COMMEMORATIVE D-BLUE VERSION


2014年、ロレックスはディープブルーから漆黒へと美しいグラデーションを描く新ダイアルの ロレックス ディープシーの記念モデルを発表しました。このD-blueダイアルは海面から差し込む微かな光が深海へと消えゆく、海のトワイライトゾーンを思わせます。このモデルはロレックスとナショナル ジオグラフィック協会の協力により、ジェームズ・キャメロンが海洋最深部に挑んだ 「ディープシー チャレンジ 」の探査よりインスピレーションを受けています。このパートナーシップの証として、ジェームズ・キャメロンのグリーンの潜水艇からインスパイアされた カラーで、ダイアルに‘DEEPSEA’ の文字が記されています。

モデル

モデル

関連コンテンツ