スカイドゥエラー

世界を飛び廻る旅行者のためのエレガントな時計、オイスター パーペチュアル スカイドゥエラーは最先端技術と使いやすさを融合させた独特のデザインを誇る逸品です。

開発の過程において複数の特許を申請し、技術の結晶ともいえるスカイドゥエラーは、タイムゾーンを頻繁に変更する旅行者のためにデザインされ、次を備えています:

  • 2つのタイムゾーン表示:ローカルタイム(現地時刻)はセンターの針、ホームタイム(基準時刻)はオフ・センターディスクにより24時間表示で示される。
  • –「サロス」と名付けられた極めて革新的な年次カレンダー:同名の天文現象からインスピレーションを受けて考案され、年に一度の3月1日にのみ日付調整が必要で、日付を3時位置、月をダイアルのアワーマーカー外周の12個の小窓で表示する

スカイドゥエラーには回転ベゼル、リューズそしてムーブメントの接続機構である、リングコマンドシステムを搭載しています。これにより、着用者が時計の一つひとつの機能を容易かつ素早く確実に設定できます。

DUAL TIME ZONE AND 24-HOUR DISPLAY

スカイドゥエラーは2つのタイムゾーンを同時に表示する機能を備えています。独創的で直観的なディスプレイデザインは、その美しさでこの時計独自のアイデンティティを確立しました。

世界中を旅する人々は、オフ・センターディスクの時刻を示す赤いトライアングルでホームタイムを読み取ることができます。また、ディスクの24時間目盛りにより、旅行者はホームタイムの午前と午後を区別することがきます。(例えば、午前10時と午後10時)

ローカルタイムはセンターの時針と分針、秒針で示されます。時針を単独で1時間ずつ調整できる機構により、素早く、時計回りと反時計回りの両方向回転で時刻をあわせることができるため、分針や秒針、ホームタイムに影響を与えることなくローカルタイムを変更することができます。瞬時に変わる日付はローカルタイムと連動しています。




SAROS ANNUAL CALENDAR


サロスと名付けられた革新的な年次カレンダーを備えるスカイドゥエラーのメカニズムは、同名の天文現象からインスピレーションを得て設計されました。古代から伝わるギリシャ語のサロスとは、約18年周期で太陽と地球と月が空の同位置で直線上に並ぶことを意味します。

このサロス年次カレンダーはロレックスが特許を取得した独創的なメカニズムにより、月間30日と31日の月を自動的に区別します。年間を通して正しい日付を表示し、修正は年に一度の3月1日にのみ必要となります。(2月は28日、または29日までしかないため)

サロスのメカニズムは、ロレックスの従来の日付カレンダー機構に4つの歯車と2つの歯車比を加えるだけで実現されています。この極めてシンプルな構造が比類なき信頼性を提供します。

月は、ダイアルのアワーマーカー外周の12個の小窓に表示されます。(例えば1月は1時位置、2月は2時位置など) 現在の月は赤で示されます。


RING COMMAND SYSTEM

スカイドゥエラーにはリングコマンドシステムが搭載されています。ロレックスが開発し特許を取得した回転ベゼル、リューズ、ムーブメントの接続機構で、これにより着用者はカレンダー(日付と月)、ローカルタイムまたはホームタイムの機能をひとつずつ選択し、設定することができます。フルーテッドベゼルを反時計回りに、1、2または3の位置まで回転させ設定します。

選択した機能はリューズを1段階引き出した状態で、制限なく、両方向に素早く設定することができます。

シンプルで直感的なリングコマンドシステムは、約50もの部品から成る複雑なメカニズムでそのデザインには最先端の時計製造技術とマイクロメカニクスの専門知識が求められます。このシステムの心臓部は選択された機能に合わせ、ムーブメント内部で様々な歯車機構と噛み合うダブルカムとレバーです。このうちの1つのカムはリューズを引くことで作動し、もう一方のカムはベゼルを回転させることにより、ミドルケースの中にある設定用歯車を作動させます。




THE SKY-DWELLER, SUPERLATIVE CHRONOMETER CERTIFIED

すべてのロレックス ウォッチと同様に、スカイドゥエラーはロレックスが2015年に再定義したSuperlative Chronometer(高精度クロノメーター)認定です。この独自の称号は、出荷したすべての時計が、ロレックス独自の基準に基づいて自社内で行われる、一連の検査を無事に通過したことを証明しています。手首着用時に精度、パワーリザーブ、防水性能と自動巻において最高の性能を発揮することを保証するために、認定検査はムーブメントをケーシングした後、つまり完全に組立てられた時計に行われます。グリーンのタグがついているロレックス ウォッチはすべて高精度クロノメーターで、5年間の国際保証が適用されます。

スイス公認クロノメーター検査協会(COSC)によるクロノメーター認定を受けたすべてのムーブメントは、公式認定よりも厳格なロレックス高精度クロノメーターの基準を確実に満たすためケーシング後に再度、ロレックスによる検査にかけられます。ロレックス高精度クロノメーターは平均日差が-2~+2秒以内に調整されています。ロレックスが完全に組立てられた時計に対して許容する偏差率は、ムーブメントのみを対象とした公式認定であるスイス公認クロノメーター検査協会(COSC)の許容偏差率よりも厳しい基準になっています。

この高精度クロノメーター認定検査は、ロレックスが特別に開発した最先端の設備を駆使して、時計が実際に着用されている状況をシミュレーションし、着用者の日常生活での動作をより忠実に再現する独自の方法で、ケーシング後に実施されます。この完全に自動化された一連の検査では、すべてのロレックス ウォッチの防水性能、自動巻、そしてパワーリザーブも検査します。時計の信頼性、堅牢性、耐磁性と耐衝撃性を確実にするために、一連の検査は設計、製造の段階における認定検査に加えて体系的に行われます。



THE OYSTER CASE, SYMBOL OF WATERPROOFNESS

スカイドゥエラーの42 mmのオイスターケースは、水深100 m(330フィート)までの防水性能が保証されており、堅牢性とエレガンスの象徴となっています。ミドルケースは極めて耐蝕性に優れた合金であるオイスタースチールまたは18 ct ゴールドの塊から製造されています。縁に細かい刻みが入れられたバックケースは特別な工具で厳重に密閉され、ロレックスのウォッチメーカーだけがムーブメントに触れることができます。二重密閉構造の防水システムが搭載されたトゥインロックリューズは、ケースにしっかりとねじ込まれています。日付の視認性を高めるために3時位置にサイクロップレンズが搭載されたクリスタルは、極めて耐傷性に優れるサファイアから製造されています。この防水性オイスターケースが、スカイドゥエラーのムーブメントを最大限に保護します。




PERPETUAL CALIBRE 9001


スカイドゥエラーにはロレックスが完全自社開発・製造した機械式自動巻ムーブメント、キャリバー 9001が搭載されています。開発の過程において複数の特許を申請している、このムーブメントはロレックスがこれまでに開発した中で最も複雑なもののひとつで、その構造、製造方法、革新的な特徴により、並外れた精度と信頼性を誇ります。

キャリバー 9001の振動子には、ゴールドのマイクロステラ・ナットで高精度に調整可能な可変慣性をもつ大きなテンワが備わり、耐衝撃性を高めるために、高さ調節可能なトラバーシングブリッジによって、しっかりと固定されています。振動子にはロレックスがデザインし特許を取得した高性能パラフレックス ショック・アブソーバが搭載されています。

キャリバー 9001は、ロレックスが常磁性合金から製造したブルー パラクロム・ヘアスプリングを備えています。パラクロム・ヘアスプリングは磁場の影響を受けにくく、気温の変化にさらされても非常に高い安定性を保ち、従来のヘアスプリングの10倍もの耐衝撃性を実現しました。また、ロレックス オーバーコイルが備えられ、あらゆる向きにおいて等時性を保ちます。

キャリバー 9001は、パーペチュアルローターが搭載された自動巻機構を備え、手首の動きをとらえてゼンマイが継続して巻き上げられる仕組みで、パワーリザーブは約72時間です。

ムーブメントの外周に設置されたセレクターウィールが、回転ベゼル、リューズそして機能を設定するためのムーブメントの相互作用を実現します。

スカイドゥエラーのムーブメントはロレックスのウォッチメーカー以外の目に触れることはありませんが、ブランドの妥協を許さない品質基準に従い、その外観までもが美しく仕上げられています。




OYSTER AND OYSTERFLEX BRACELETS


スカイドゥエラーにはモデルにより、3列リンクのオイスターブレスレットまたはオイスターフレックスブレスレットを備えており、どちらもフォールディングタイプのオイスタークラスプが装備されています。

スカイドゥエラーのオイスターブレスレットには、ロレックスが開発したイージーリンク(エクステンションリンク)が搭載されています。このシステムにより、ブレスレットの長さを容易に約5 mm延長することができ、あらゆる状況でより快適な装着感を提供します。また、コンシールドアタッチメントシステムにより、ブレスレットとケースの接続部は一体感のある外観になっています。さらに、18 ct ゴールドモデルでは、ブレスレットのリンク内部に柔軟性と耐久性を高める ためにセラミックインサートが備えられています。

ロレックスが開発し特許を取得したオイスターフレックスブレスレットは、メタルブレスレットの堅牢性と信頼性に、エラストマーストラップの柔軟性、快適な装着感と美しさを融合させています。この革新的なブレスレットの中心は、2つのフレキシブルなメタルブレードです。ブレス レットのセクションごとに使われ、高性能ブラック エラストマーでコーティングされています。スカイドゥエラーのオイスターフレックスブレスレットには、ロレックスが開発し特許を取得した、グライドロック エクステンションシステムが搭載されています。この独創的なメカニズムはクラスプカバーの裏にあるラック(刻み)により、工具なしでブレスレットの長さを調節することができます。オイスターフレックスブレスレットに搭載されたロレックス グライドロックには、約2.5 mm間隔で刻み目が6個あり、最大約15 mmまでブレスレットの長さを容易に調節できます。



モデル

モデル

関連コンテンツ